カメラ屋に写真の現像を依頼する場合、写真にしてもらうサービスの利用が一般的です。これをアルバムに入れる、配るなどすることができ、自由に使えるのでオススメです。しかし、手間がかかり、アルバムにするにも用意しなければならないため、時間もお金もかかるでしょう。ここで、カメラ屋が提供するフォトブックサービスを利用がオススメです。
このサービスを利用する場合、提供されるアルバム本が会社毎に異なっているので、比較して自分で良いと思う物を見つけましょう。比較する際、サンプルをチェックし、デザインや写真の見せ方を参考にすると良いです。その分コストがかかりますが、自分で作成するよりも良い物ができます。誰かに提供する場合、フォトブックをそのままプレゼントすることで、インパクトを大きくすることができます。サプライズプレゼントとして活用できるので、自分で作成することに面倒さを感じるのであれば、このサービスを利用しましょう。
注意しなければならないことは、使う写真が少ない場合です。写真が少なければフォトブックの作成を断られる可能性があるので、あからじめ写真はたくさん撮ることを計画しておきましょう。写真をたくさん撮ることで作成可能となり、仮に多くなってしまっても、選択すれば良いので問題はありません。また、写真のサイズを大きくすることで、スペースを広く使えるので、ほんの少し足りない場合はサイズ調整で対応してもらうと良いでしょう。
http://www.lanikaiproperties.com/

Comments are closed.